トマトトーストを作った。めちゃくちゃおいしかったのでまた作りたい。

朝4時くらいに起きてすこし作業、その後noteを読み漁ってた。

今回調べたテーマは「いかに妥協するか」

運営しているTeamOpenWorldで、理想を追求するあまり1人が病んでしまう事案が発生した。
ぶっちゃけ僕も理想を追い求めすぎだと思った。

でもどこまで理想を追い求めるか、どこまで妥協するか、明確な基準を僕は知らない。

だから調べた。というか自分の結論を出すためのリファレンスを探した。

妥協する力|やまかず|note

こんなnoteを見つけた。
少しこころが軽くなったが、まだ結論には至らない。

もっと調べる必要がある。

一つ気づいたことがある。
僕は完璧主義がきらいだ。

それは自分みたいだからだと思う。

少し前、僕は完璧主義者だった。
完璧を追求して、完璧にならないと、投げた。

完璧主義をやめるきっかけは、通話のノリで初めた企画だった。

完璧主義ではなく、できることを、できる範囲で解決した。
その結果、爆速で、ちゃんとした面白い企画を作ることができた。

完璧主義はダメだ。
ハッキリ言う。

完璧主義でいいことなんか何一つ無い。

完璧主義は仕事にならない。
何も作れない、何も生み出せない。
見てるとイライラする。周りが迷惑する。

重要なのは、できる範囲でできることを最大限にやること。
クオリティアップはもちろん大切だ。でもそれを追い求めすぎると人はいなくなる。
というか、追い求めていたらキリがない。

できる範囲で最大限の努力をする。それが大切だ。

あと、修正を頼む人はもっと責任持ったほうが良いと思う。
責任を持たない修正は、大企業の「これやっといて!できるよね?w」と同じだと思ってる。
結構最低。というか大嫌いだ。
修正が、相手にどんな印象やどんな影響を与えるのかもっと考えろ
というか、考えてくれ。マジで。

上の日記は朝書いたものだけど、今見返すとめちゃくちゃ怒ってますね。こっわ。

午後もいろいろ読み漁りました。

任天堂の岩田社長の「やったほうがよいこと」と「やるべきこと」は分けて考えて、やるべきことに優先順位を付けてやる。

やったほうがよいことを全てやっていると倒れてしまう

という考えに感銘を受けました。

自分が目指すべき経営者はこの人だと思いました。

今日はなんかとりあえずこのへんで