df7d68a765003b8b3568067dd77c7077.png

こんな感じのバッジをGithubで貰いました。
なにこれ?って思って調べたら、千年くらいプログラムのリポジトリを北極に保存するプロジェクトで、あなたのプログラムが保存されましたよってことらしいです。

Arctic Code Vault

Arcticとは北極圏のことです。
Vaultとは保管庫という意味で、北極圏のコード保管庫という意味になります。

その名の通り、後世にプログラムを残していこうという試みみたいです。

これは、Github Archive Programの一環で、他にも石英ガラスにデータを保存する方法などが開発・進行しているようです。

保管方法

なんと、piqlFilmというフィルムに、物理的に保存されているようです。すげえ。
自分のプログラムがフィルムに保存されて北極にあるってなんか感動しますよね。

フィルムにはコードが文字としてではなく、QRコードのようなもので保存されていて

a684277b5d63072721ddbf6df740932a.jpg
(公式動画より)

このように拡大すると、バーコードなどが確認できます。

対象

  • 2019/11/13 ~ 2020/02/02までのリポジトリ
  • 2019/02/03 ~ 2020/02/02までに星が1つ以上付いたリポジトリ
  • 期間問わず、250以上の星が付いたリポジトリ

らしいです。
自分の場合は、星の付いたリポジトリと期間内のコミットと両方あったので、たぶん10リポジトリくらい保存されたと思います。

みなさんも自分にバッジが付いているか確認してみてはどうでしょうか?