結論からいうと、請求情報が入った箱みたいなやつ

請求先アカウント、必要ある?

  • プロジェクトごとの請求先(クレジットカードとか)が分けられるので管理が楽になるぞ
  • 請求先アカウントごとに費用のレポートや概要が出るので、プロジェクトごとの費用がわかりやすいぞ
  • 請求先アカウントごとに予算が決定できるので、柔軟な予算設定ができるぞ

といった感じでした。

Azureで言うところのサブスクリプションですね。

結論

料金設定や管理を柔軟にするための仕組みでした