僕はAtomが好きだ。
どのエディターよりも愛していた。
だからこそ、僕はAtomをやめた。

….という茶番は置いといて、今回はAtomを使うのをやめた経緯をお話しようと思います。

Atomが好きだった

僕はAtomが好きでした。
一番最初に導入したエディターがAtomということもありますが、なによりデザインが良い。

あのマットな感じのデザイン、シンタックスハイライト、そのどれもが僕の好みでした。

ずっとAtomを使い続けるだろうな、そう思ってました。

VSCodeを導入した

VSCodeを導入した第一印象は「ごちゃごちゃしてるなぁ」でした。
Atomのように統一感がなく、アイコンもなんかすっげえ意味不明(今は結構マシになってますね)

私は、ごちゃごちゃしてるのが非常に嫌いです。
気が散るし、なにより考えることが増えるからです。
そういうのがめっちゃ苦手で、気が散るとすぐ他のモノに意識を奪われてしまうんですよね。

それでも乗り換えた

そんな、アンチVSCodeから始まった私ですが、開発を進め、どんどん難しいことに挑戦していくにつれ、徐々にAtomの欠点とVSCodeの利点に気づいていきます。

オートコンプリートが弱い

Atomのオートコンプリートが弱すぎます。
HTMLとCSSを書いてるときは、VSCodeのほうが弱いと感じる場面があった(今はない)のですが、その他では全敗。

VSCodeは、標準でほとんどの言語をサポートしているにも関わらず、Atomではほとんどの言語をサポートしていません。開発言語であるJavaScriptやCoffeeScriptでさえ、十分にオートコンプリートしてくれません。

また、オートコンプリートしてくれる追加パッケージも、AtomよりもVSCodeのほうが多いように感じました。
Atomはそもそもオートコンプリートしてくれる追加パッケージが無い場合が多く、どうしようもなかったです。

バグが多い

Atomはバグが多いです。

Atomだと、何回かソフトが落ちる経験をしているんですが、今の所VSCodeでは落ちた試しがありません。

タスクバーでまとまらない

Atomはタスクバーでまとまってくれません。
pin留めしておくと、pin留めしたアイコンではないところで起動します。

VSCodeではそんなことはありません。

Git関連の機能が弱い

Github製のエディタにも関わらず、Git関連の機能が圧倒的にVSCodeには多いです。
また、操作も非常に簡単です。

なんでこうなったし

動作が遅い

自分自身はあまり感じていなかったんですが、比較を見ると、明らかに動作が遅いらしいです。
(ぶっちゃけ僕はどっちも変わらないな~と思ってた)

単純に将来性が危うい

Atomのコミュニティは、かなり小規模になっていっています。
一方、VSCodeのコミュニティはどんどん大規模になっています。

現在、Githubにおいてコミット数は単純に2倍近くの差になっています。

issueやpull requestの差も比になりません。

また、インターネットを見ていると「AtomからVSCodeに乗り換えました」という記事を多く見かけます。
一方、「VSCodeからAtomに乗り換えました」という記事は、見たことがありません(多分あるとは思いますが、それほど少ないということです)

その他細かい所

  • gitignoreにファイル追加してもすぐに反映してくれない
  • Markdownを自動スクロールしてくれない

さようなら、Atom

かなり長い間お世話になったAtomですが、卒業することにしました。
もしも上記の問題が解決されたら、また戻ってくるかもしれませんが。