IPFSって何?

インターネット上の情報も同様です。同一の内容であればどのサーバ上から取得したか?どの名前のファイルから取得したかなどという入手先はほとんどの場合で重要ではありません。そのためその情報の「場所」ではなく、「こういう内容の情報」というコンテンツの内容自体を直接指定して情報にアクセスする仕組みを考えることができます。これが「コンテンツ指向」になります。

引用: https://ipfs-book.decentralized-web.jp/what_is_ipfs/

要するに、トレントみたいに世界に大量のサーバー置いてウェブサイトとかアプリケーションとか公開しようぜ!って感じですかね。

→つまりIPFS入れてる人みんながサーバーになるということ

「セキュリティは?」って思うかもしれませんが、そこはハッシュ値で厳重に管理されているので改ざんの心配はなさそうです。

使ってみよう

Image from Gyazo

公式のGithubページから実行ファイルを落としましょう
ちなみにこの他にもLinuxようにtar, debなどのファイルがあります。

Image from Gyazo

インストールは全部日本語です。
基本次へでおk

Image from Gyazo

初期状態ではIPFSのファイルPINに入っていました。

Image from Gyazo

こんな感じで接続状態も確認できました。

Image from Gyazo

2分ほどでアクセスがここまで増えました。
大きいファイルをホストするとより多くの帯域を使いそうですが、今の所は許容範囲ですかね…

Image from Gyazo

残念ながら日本語対応はしてませんでした。

ウェブサイトを公開する

Image from Gyazo

こんな感じのカスみたいなサイトを作りました

Image from Gyazo

ローカルで表示するとこうです。
これを今から公開しましょう。

Image from Gyazo

さっきのクソサイトはこのtestフォルダに入っています。

ipfs add -r test/を実行しすると、フォルダ内部のすべてのファイルをアップロードします。

この際、前まで必要だったpinする動作が不要になっているようです。

Image from Gyazo

このように、勝手にpinされていました。

Image from Gyazo

右クリックしてリンクを取得しましょう

Image from Gyazo

ipfs.ioのドメインでホストされていることが確認できました。

独自ドメインを使ってみる

このクソサイトに独自ドメインを付けてみましょう。
今回はtest.m86.workを付けたいと思います。

ドメインの設定ですが、オススメはCloudFlareです。
理由はSSL通信ができるから。

ネームサーバーを変更していない人はCloudFlareに変更してもいいかも

Image from Gyazo

まずはCNAME。Nameに設定したいドメインを、Targetにはipfs.ioを指定。
SSL通信を利用したい人はProxiedにしておきましょう。

img
https://gyazo.com/0a6d0340d09e89e5df0cc561557f392d

次にTXTですが、こちらのipfs.io以下をコピーしてください。

Image from Gyazo

次にNameを好きなドメイン、Contantにdnslink=[さっきコピーしたやつ]を貼ります。

これで

Image from Gyazo

test.m86.workでクソサイトに接続できるようになりました。

SSLもやりましょう。

Image from Gyazo

といってもここをflexibleにするだけです。

まとめ

なんとなく使ってみましたが、普通に楽しかったです。
いろいろできそうなのでまたいじっていきたいと思ってます。